家庭を犠牲に勉強をしていたら夫が女遊びを

家庭を犠牲に勉強をしていたら夫が女遊びを

家庭を犠牲に勉強をしていたら夫が女遊びを

私は37歳の司法書士です。
女性で司法書士というのも珍しいかも知れませんね。
夫は1つ上の会社員です。
私たち夫婦は以前、司法書士の専門学校で同じ学生でした。
夫も同じクラスで一緒に講義を毎日受けていました。

 

その当時からの付き合いですが、二人とも恋愛にうつつをぬかしていたせいか、結局司法書士試験には合格できず、夫は普通に会社に就職し、私は司法書士事務所に就職しました。

 

それ以後もお互いの付き合いは続き、やがて私たちは結婚することになりました。
夫はそのまま同じ会社で少しずつ出世していき、会社に完全に骨を埋めるつもりで頑張っていました。
しかし私は、やはり司法書士になる夢をあきらめきれず、もう一度勉強し直したのです。
とはいえ、何年も受験勉強から遠ざかっている私には久しぶりの試験勉強は難しかったです。
勘は鈍っているし、年齢とともに暗記できなくなっている自分に腹立たしさを感じました。
それでも夢をあきらめずにもう一度頑張る決意をした次第です。

 

そうなると犠牲になるのは家庭です。
いままでと同じように家事をやっていたのではとても勉強などできません。
夫が眠ってから夜中一人で遅くまで勉強する毎日でした。
しかしそんな無理な生活を続けているうちに夫に異変が起こったのです。

 

あるとき、洗濯物のカッターシャツを見たら襟首のところに赤い口紅がついていたのです。
それで夫に問い詰めたら、「何が悪い?お前が全然家庭を顧みないし、夜も全然やらせてもくれないから当然の結果だろ」と言われました。
確かに、私は自分の受験勉強のために家庭の仕事を後回しにし、夫に随分しわ寄せをしてしまいました。
また、夜の営みもずっと拒否して勉強を続けてきましたので、夫には相当不満がたまっていたのかも知れません。
それに、こんな夫の不倫に気づいたのもだいぶ経ってからのことのようでしたので、いかに自分が自分のことだけしか見ていなかったかということを痛感しました。
そして私はどうすればよいかを電話占いで相談することにしました。

 

するとタロット占いの女性はこのように言いました。
「まずはあなたがもっと周りを見ることです。ご主人があなたのためを思ってしてくれていることがいくらでもあるのですよ。それに気づいてあげなさい。そうすることで、不倫は自然に消滅してご主人はあなたのもとに戻ってきます。また試験もいい結果が得られるでしょう」ということでした。
それから注意して見ていくと、確かにトイレやお風呂の掃除だけでなく、玄関の靴箱などもいつもきれいにしてくれている夫に気づきました。
そしてできるだけ「ありがとう」と言うようにしたのです。
そんな生活が1ヶ月ほど続いたある日、私に1通の手紙が届きました。

 

夫の不倫相手の女性でした。
そこには「私はご主人と別れます。私の入り込む隙間はなさそうです。お幸せに」と達筆で書かれていました。
こうして夫を不倫相手の女性から奪い返すことができ、私も司法書士試験に合格し、現在は夫を社長として事務所を経営しています。
電話占いのおかげです。
感謝しています。

 

どうしても不倫相手への気持ちが抑えられない方に

電話占いなら、不倫の悩みをバッチリ聞いてもらえます!

電話占いは、どこからでも電話一本で本格相談可能

不倫専門占い師があなたの運命に光を差し込ませてくれます!

誰にも言えない悩みなら

守秘義務がカンペキの第三者の占い師の先生におまかせしてみては?

無料キャンペーン豊富な大手サイトをランキング形式でまとめてみました♪

是非参考にしてみてくださいね☆

▽ランキングを見てみる▽

関連記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ