不倫にまつわる具体的なリスクと代償の大きさについて

不倫にまつわる具体的なリスクと代償の大きさについて

不倫にまつわる具体的なリスクと代償の大きさについて

男女の不倫関係で真っ先にイメージするのはやはり「既婚男性×独身女性」といったカップルが多いのではないでしょうか。
最近では男女平等の社会背景からか、既婚男性×既婚女性といった形もありますし、独身男性×既婚女性といったカップルも少なくはありません。

 

どちらにせよ、不倫には大きなリスクが伴います。
そして、その代償はそう簡単に払えるものではない場合がほとんどです。

 

では、不倫にまつわる具体的なリスクについて考えてみましょう。

 

仕事や人間関係を失うリスク

例えば社内での不倫が発覚してしまったとしましょう。
男女共に言えますが、どちらかが遠方へ飛ばされる、最悪な場合では解雇されるといったリスクが伴います。
社内の規則に準じて即解雇ができるわけではなかったとしても、社内での噂は広がりやすいですし、それに伴い職場でのモラル的な信用も失うことになり兼ねません。
最終的に社内に居づらくなり、その結果自主的に退職するような状況に追い込まれる事もあります。

 

【精神的ダメージを強く受けてしまうリスク】
既婚男性×独身女性の不倫関係は意外と長続きしてしまう傾向にあります。
その理由は男女の考え方の違いにあります。
だいたい男性は離婚する気持ちなどなく、体の関係や奥さんには求められない何かを求めて独身女性と楽しむために付き合うケースが多いのに対して、女性の方は情が移り気持ちが割り切れず、結局は全てを捧げてしまうような付き合いになってしまう傾向があるからです。

 

また既婚男性との不倫は、男性側に家庭があるため2番手としては常に安定した位置に居られます。
その為、女性が受け入れればそのままずるずると関係が長続きしてしまい、女性にとっては一番いい時期を捧げてしまうことにもなり兼ねません。

 

不倫が発覚した、または男性側から別れを宣告された時に相当なダメージを食らうのは女性側です。
女性が最も輝ける時期を不倫で費やし、全て捧げてきたはずなのに残ったものは何でしょうか。
疲労や老化でボロボロになった自分と精神的ダメージのみ、これほど厳しい代償もありません。

 

【嫌がらせや事件に発展してしまうケースも】
不倫が相手の奥さんに知らずにバレてしまった場合、勤めている会社に密告されたり、電話や手紙などで嫌がらせを受けるリスクもあります。

 

女性の嫉妬が向くのは同じ女性なのです。
探偵を雇われ、不倫の証拠をつかまれれば裁判で多額の損害賠償金や慰謝料を請求される事もあります。
最悪の場合、危険を伴う事件に発展する事だってあるのです。

 

おわりに

不倫におけるリスクのどれ一つをとっても、そのリスクに払う代償はかなり大きいものとなります。
仕事を失えば、収入がなくなります。
今まで築いてきた地位や名誉、人間関係も全て失い、得るのは不誠実な人間というレッテルのみです。

 

また、不倫で得た精神的ダメージが大きければ大きいほど、次の恋愛にも進めなくなってしまうでしょう。

 

万が一裁判で訴えられた場合、請求される慰謝料は延々と続きます。
不倫を反省し人生をやり直そうとしていたとしても、不倫の過去の呪縛からは逃れられません。

 

「ちょっとした火遊びが元で大火事になってしまい、全てを失ってしまった」
まさにこれと同様の事が不倫では起こりえます。
不倫のリスクが元で、全てが失われるといった大きな代償を払わないためにも、不倫については十分に考えるべきだといえます。

 

 

どうしても不倫相手への気持ちが抑えられない方に

電話占いなら、不倫の悩みをバッチリ聞いてもらえます!

電話占いは、どこからでも電話一本で本格相談可能

不倫専門占い師があなたの運命に光を差し込ませてくれます!

誰にも言えない悩みなら

守秘義務がカンペキの第三者の占い師の先生におまかせしてみては?

無料キャンペーン豊富な大手サイトをランキング形式でまとめてみました♪

是非参考にしてみてくださいね☆

▽ランキングを見てみる▽

関連記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ