浮気している女性が妊娠してしまったら?

浮気している女性が妊娠してしまったら?

浮気している女性が妊娠してしまったら?

不倫相手が妊娠してしまった場合、いくつかの選択肢が考えられます。
それは当事者の経済状況や既婚相手との関係性にもよりますが、いずれにせよ適切な対応をするべきです。

 

どれを選択しても後々に面倒なことになってしまう可能性が高いので、不倫相手には妊娠をさせないこと、そもそも不倫をしないことが最も重要だといえます。

 

とはいえ不倫相手が妊娠したという事実は変えられないので、対処法を紹介します。

 

 

中絶してもらう

最も多いパターンがこちらです。不倫相手には中絶をしてもらいます。
この場合、既婚相手には秘密にしておくパターンもあります。

 

中絶費用自体は30万円程度ですが、不倫相手への精神的・身体的な
ダメージはかなり大きいと思われるので、慰謝料も請求される場合があります。
その場合、合計で約100万円程度の出費になることもあります。

 

しかし、子供は中絶されるので、今後も不倫を続けていったり、
既婚相手に不倫をしていることがバレないというメリットがあります。

 

 

認知してあげる

もしかしたら、女性が未婚の母となり子供を育てると言い出すかもしれません。
その場合、子供を出産してもらい、認知をするというプロセスがあります。
経済状況にもよりますが、富裕層の場合は認知をすることも多いようです。

 

不倫相手とその子供を養うだけの経済力があるのであれば、認知という選択肢も
問題ないかもしれません。しかし、認知された子供がいるということは、
既婚相手にも発覚します。

 

自分の死後に相続権が発生するので、遺産で揉めないように配慮する必要があります。

 

 

離婚して不倫相手と再婚する

既婚相手との関係が冷め切っている場合は、妊娠をきっかけに不倫相手と再婚をする
ということも選択肢のひとつです。不倫が原因の離婚なので、離婚相手には高額な
慰謝料を支払うことになりますが、不倫相手と子供と新しい家庭を築くことができます。

 

ここで注意すべきなのは、不倫相手の子供が本当に自分の子供なのかということです。
特に不倫相手に自分が既婚だと言っていなかった場合、他に恋人が居て妊娠の事実を
皆に言っている可能性もあるからです。

 

 

おわりに

不倫相手が妊娠した場合、どの選択肢をとっても誰かしらが傷つくことになります。
中絶をすれば不倫相手が傷つきますし、認知や離婚をしたら既婚相手が傷つきます。
お金も相当かかることなので、自分の価値観と経済力を天秤にかけて適切に対処しましょう。

 

どうしても不倫相手への気持ちが抑えられない方に

電話占いなら、不倫の悩みをバッチリ聞いてもらえます!

電話占いは、どこからでも電話一本で本格相談可能

不倫専門占い師があなたの運命に光を差し込ませてくれます!

誰にも言えない悩みなら

守秘義務がカンペキの第三者の占い師の先生におまかせしてみては?

無料キャンペーン豊富な大手サイトをランキング形式でまとめてみました♪

是非参考にしてみてくださいね☆

▽ランキングを見てみる▽

関連記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ